スポンサードリンク
<% content.footer -%> <% content.footer -%>

「岩の湯」花仙庵 仙仁温泉の名旅館

宣伝をほとんどしていなくても、口コミで評判が広まって大人気の旅館があります。
一般的には広まっていませんが、そういう所ほど人を引き付ける特徴があるんですよね。
正に、知る人ぞ知る隠れ家です。

そんな秘湯の一つを知ることができました。
長野県の山奥にある仙仁温泉の「岩の湯」です。

ここは現在では珍しくホームページを持っていません。
それにもかかわらず、クチコミで評判が広がり、一年先まで予約が埋まっているという穴場の旅館です。

一体どういうところなのだろうと気になって宿泊した人の感想を聞いてみると、驚きの連続でした。

まず、お出迎えが違います。
一流旅館のお出迎えは、おかみさんをはじめとしたスタッフが列になって挨拶してくれるイメージがありますが、「岩の湯」は独特です。
駐車場に到着すると、クラシカルなマントを羽織った男性がお出迎えしてくれます。
日本にいたはずなのに中世ヨーロッパに来たような錯覚を感じてしまいます。

旅館内も北欧のお屋敷のようで、ソファが置かれたラウンジや書物がたくさん置かれた書斎、日の光があふれるテラスなどがあり、貴族の別荘のよう。

温泉なら気になるのはお風呂。
貸切露天風呂、男女別大浴場、家族風呂があります。
そして、特筆すべきは平安時代末期からあるという奥行き30メートルの洞窟風呂。

洞窟風呂について詳しく聞いてみると、サウナのようだとのことです。
少し入っただけでも大量の汗をかいたそうです。
この洞窟風呂は混浴ですが、女性も入れるように湯浴み着が用意してあります。

貸切露天風呂もいいお湯だったと聞きました。
時間制ではないので、いつでも入れたから時間を気にせずのんびりできたそうです。

最大の関心ごとの食事。
夕食は「料亭深仙庵」の個室で懐石料理を食べられます。
一流の料亭に引けを取らない味とサービスだそうです。

料亭に行ったことがないので、想像ができませんが、客の会話や食べるスピードを見計らって一皿ずつ運ばれてきたそうです。

こういうところに行ってきたといえば、優越感に浸れそうです。
予約が取れないかなあ?

花仙庵 仙仁温泉 岩の湯(かせんあん せにおんせん いわのゆ)
住所:長野県須坂市仁礼3159
電話:026-245-2453
この記事へのトラックバック

【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!


   →全国の高速バス予約はこちら
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。