スポンサードリンク
<% content.footer -%> <% content.footer -%>

奥飛騨 平湯温泉「旅館たなか」に宿泊した感想

秋も深まり始めた11月1日。
岐阜県の奥飛騨温泉郷、平湯温泉に行ってきました。

平湯温泉といえば、奥飛騨の中でも最も歴史のある名泉として知られています。
武田信玄の隠し湯と言われており、武将が傷を癒しに来た秘湯と言われていますので、歴史マニアの自分としては、一度は行ってみたいと思っていた温泉です。

ETC1000円をフルに活用していきました。
飛騨高山経由で行ったのですが、その日は生憎の豪雨。
おりしも今年一番の寒気が流れ込み、薄着で出かけた我々は寒さに震えながら昔ながらの町並みを歩きました。

CIMG0926.jpg宿泊場所の「旅館たなか」に到着したのは午後5時半ぐらい。
辺りはすっかり暗くなっていて、行く途中の山の景色を楽しむことはできませんでした。
(写真は翌朝撮影したものです)




CIMG0913.jpgまずは温泉に入ります。(湯気のため写真が見づらくなってしまいました)
多人数ではいるにはちょっと狭いかな? という印象。
露天風呂もありますが、この日は雨の上、寒かったので、内風呂に浸かっていました。

泉質は単純温泉で少しぬるっとします。
湯の花が大量に浮いていたのには驚きました。
最初はゴミかと思ってしまいました…。

「旅館たなか」には、貸切風呂もあります。
ファミリーに嬉しいお風呂だと思います。
いつか家族ができたら利用したいと思いました。
外にあるので、寒くて入りませんでしたが。

CIMG0907.jpg夕食は豪勢でした。
有名な飛騨牛を初めて食べましたが、とっても柔らかくておいしかったです。
それにしても、いつも思うのですが、山の中の旅館でもお刺身が出てくるのは何ででしょう?
山の料理でいいと思うんですが…。




CIMG0923.jpg朝食では、朴葉みそがgoodです。
これだけでご飯3杯はいけます。

納豆が出ないのは関西圏だからなんでしょうか?
朝食に納豆は、東北人にとっては定番なんですけどね。

宿泊費は\12800でした。
じゃらん.netで予約したところ、“ひらゆ乃森”という温泉施設のサービス券をもらえました。

レビューとしては、料理に重点を置く人向けの旅館という感想。
でも、また行ってみたいです。

旅館たなか」住所 〒506-1433 岐阜県高山市奥飛騨温泉郷平湯温泉

じゃらん.netで詳細を確認する
楽天トラベルで予約する
この記事へのトラックバック

【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!


   →全国の高速バス予約はこちら
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。